TGWS>HP作成論>

直リンクについて

直リンクとは何ぞや?
多分、自分でサイト運営をしていなかったり、直リンクをされて困った・直リンクをして注意された、などのことがない限り、直リンクについてはほとんど意識したことのない人が多いのではないでしょうか。
直リンクとは、簡単に言えば、自分のサイトから、別のサーバーにあるファイルを呼び出すことです(しかしその定義はかなり曖昧)。
とりあえず直リンクの実例を出してみましょう。
 http://tgws323.turigane.com/directlink.html
このページのURLが「hpm.tgws.plus」から始まっているのに対し、例に示したページのURLは「tgws323.turigane.com」で始まっています。
要は、<a href="~">でリンクするときに、「~」が「http://」や「https://」で始まっていたら直リンクだと思ってほぼ間違いないということです。
直リンクは便利なもの
素材配布サイトなどに行くとしつこいほどに「直リンク禁止!!」と書いてあるため、悪いことのように思われがちですが、もし本当に悪いことであるならば、トップページへの直リンクもいけないわけで、直リンクすることに意義があるリンク集や検索エンジンなんかまさに「悪の巣」と呼ぶにふさわしい場所になってしまいますね。
そうなれば、良心的なサイトは揃いも揃って閉鎖的なサイトになってしまうということになります。
そんなわけありませんよね。
直リンクは元々悪い行為ではなく、むしろ目的地に直接たどり着けるので非常に便利なものです。
実際私のサイトでも、月400回ほどトップページ以外への直リンクでの訪問があり、トップページからの訪問を大きく上回っています。
素材屋さんが禁止しているわけ
ではなぜこんな便利な直リンクなのに素材屋さんは口をすっぱくして「直リンク駄目!!」などというのでしょうか。
それは、素材に直リンクをすると、素材を置いているサーバーへの負荷が非常に大きくなり、しかもそれを展示しているページは一切見てもらえなくなるのです。
素材のページに広告を掲載していれば、広告収入が減り、金銭面からも潰れてしまいそうです。
誰のものとして見られるか
また、それとは別の問題に、誰が作ったものなのかわかりづらくなるということもあります。
ある人のサイトを見ていればそのコンテンツは基本的にその人が作ってあるものだと閲覧者は認識しているものですから、何の断りもなしにコンテンツ及び素材に直リンクすると(特に自分のフレーム内に表示させると)、直リンクされた側からすれば、自分で作ったものが他人のものとして掲載され、そのくせサーバー負荷はこっち持ちということになるわけです。
結局どうすればいいんだろう
自分の意見の参考・補足のために他人のページを利用したいときには、出典を明記して直リンクという形をとっても構わないと思います。
もし禁止されていれば、引用という形で一部をコピーしてくるということもできます。
ただ、画像や音声などの素材に関しては、表示が遅くなるし相手からも嫌がられるし、あまりいいことはなさそうです。
そういうところは大抵、ダウンロードしてから自分のサーバーにアップロードして使うことを勧めているので、それに従ったほうがいいでしょう。
直リンク排除研究(04/08/18追加分)
どんなにしつこく直リンク禁止って書いててもする人はしちゃうんだから、そんなときはこっちから手を打つことにします。
ただ、この先はWebプログラミングのことをよく分かってない私が付け焼刃の知識で書いたものなんで、あんまり信用しすぎないようにしてくださいね。
JavaScriptで直リンク拒否
.htaccessで直リンク拒否その1
.htaccessで直リンク拒否その2
画像への直リンク拒否
直リンクしたときの例